ソフトクリーム 定義

家庭用ソフトクリームメーカー特集【口コミで人気の商品を調査】
家庭用ソフトクリームメーカー特集TOP > ソフトクリームについて > ソフトクリームの定義とは?アイスクリーム・ジェラートとの違いは?

ソフトクリームの定義とは?アイスクリーム・ジェラートとの違いは?

ふわふわでおいしいソフトクリームですが、その定義は知っていますか?アイスクリームやジェラートとの違いは?同じ種類のように見えますが、実はそれぞれ特徴があり、全く違うものです。その定義や違いをご紹介します!

ソフトクリームとアイスクリームの違いは?

ふわふわでおいしいソフトクリーム。その定義ってご存知ですか?

実は、ソフトクリームはアイスクリームと同じ原料で、形状が違うことで呼び名が変わだけで、種類としては同じということになりますね。

アイスクリームとソフトクリームの主な原材料は牛乳で、冷やしながら空気を含ませるよう、途中で撹拌しながら凍らせ、固めていきます。

その柔らかい状態のものをソフトクリームと呼ぶのです。
アイスクリームは乳固形成分が15%以上、うち乳脂肪分が8%以上のものを指します。

「アイスクリーム」と呼べるものはこの定義内のものだけですが、ソフトクリームに関してはここまでの定義はなく、「アイスクリームと同じつくり方で柔らかいもの」という定義のみです。

ジェラートとの違いは何?

では、ジェラートとのソフトクリームとの違いはなんでしょう?

ジェラートの乳脂肪分は4~8%と低く、一般的な日本のアイスクリームより低カロリーです。
日本の定義で言えばシャーベットに近い感じですね。

また、空気の残留量が35%未満と少ないため、ソフトクリームよりも密度が濃く感じます。
ジェラートは果汁・果肉や香草、コーヒーなどのフレーバーふんだんに使ってある物が多いのが特徴です。

日本のソフトクリームは、おやつに食べる甘いものとしてとらえられますが、本場イタリアではジェラートは、フルーツやミルクを飲む代わりに食べるような、一種の栄養素として認識されており、朝からジェラートを食べる人もいます。

ジェラートとソフトクリームは形状こそ似ていますが、甘みの強さやフレーバー、そのとらえられ方も、全然違うものなんですね。

ソフトクリームの定義とは?アイスクリーム・ジェラートとの違いは?関連ページ

ソフトクリームは赤ちゃんが食べても大丈夫?何歳から食べても良い?
子供が喜ぶソフトクリームですが、赤ちゃんは何歳ぐらいからソフトクリームをあげても大丈夫なんでしょうか?1歳以下の赤ちゃんにあげても大丈夫なの?ソフトクリームをあげてもいい時期を検証します!
せっかく作るなら!ソフトクリームをよりキレイに巻く巻き方のコツ
カフェやちょっとした屋台などにつきもののソフトクリーム。バイト先でソフトクリームの巻き方がわからず、困ったことがある人もいるでしょう。ソフトクリームはあるコツさえつかめば、すぐにうまく巻けるようになります!そのあるコツとは?
ソフトクリームの賞味期限はどれくらい?長持ちさせるための保存方法
子供も大人も大好きなソフトクリーム。買ってすぐに食べるのが主流ですから、保存方法などは気にしたことがないのではないでしょうか?ソフトクリームの保存方法と、賞味期限などについて、詳しく解説していきます!
ソフトクリームのカロリーはどれくらい?どんな栄養成分が入ってる?
ソフトクリームはおやつやデザートとして親しまれています。ですが、その成分に関してはあまり関心を持たれることがないですが、実はソフトクリームにも栄養はあります。ソフトクリームの栄養分やカロリー、成分について解説しています。
ソフトクリームってアレルギー反応はある?食べても危険性は無いの?
子供が大すきなソフトクリームですが、ソフトクリームのアレルギーは存在しているんでしょうか?実は、原材料によってはアレルギーが強く出る場合もあるんです。ソフトクリームのアレルギーについて詳しく解説します。
ソフトクリームの定義とは?アイスクリーム・ジェラートとの違いは?
ふわふわでおいしいソフトクリームですが、その定義は知っていますか?アイスクリームやジェラートとの違いは?同じ種類のように見えますが、実はそれぞれ特徴があり、全く違うものです。その定義や違いをご紹介します!

初心者向けFX会社